青山学院大学出身者~男性芸人に文化人

青山学院大学出身者~男性芸人に文化人

歌舞伎界といえば、青山学院初等部というイメージが大変強いのですが実際にとても多くの歌舞伎関係者が青山学院へ進学しています。大学生になると歌舞伎の仕事が多忙になるからか?!中退していますが、歌舞伎役者の家に生まれた寺島しのぶももちろん青学出身者です。寺島しのぶも1児のママになり、なんでも自分の子どもも青学に入れるべく1歳未満から幼児教育の学校に入れているとか。もちろん歌舞伎界の名門「成田屋」の市川海老蔵の妻も、子どもたちを青学に入れるべく奮闘しているとか。

青山学院大学出身者~お笑い芸人編

  • ピグモン勝田・・・1965年4月1日。父はテレ朝元プロデューサー。大学卒業後に大手広告代理店を経て、大川興業に在籍して芸人に。芸名は顔がウルトラマンのピグモンに似ているから。1994年10月23日に大川興業が埼玉で公演中にぶら下がっていた枝が根元から折れて転落して後頭部を強打。そのまま病院に搬送されるものの、意識は戻らず10月24日に死去。享年29歳。
  • オキシジェン・・・ボケ担当の三好は、1980年8月13日生まれ。関東学院高等学校の時は柔道部。プロレス技は学校内でかなり有名。ツッコミ担当の田中は1977年6月24日生まれ。ネタ中に、プロレス技が入ってくるアクションを取りれるコントが多い。オキシジェンの芸名は、大学名に演劇サークルに付いていた名前を拝借。
  • フルーツポンチ:村上健志・・・1980年12月8日生まれ。長澤まさみの大ファンで、役者志望だった時期もあり。在学中は俳優コースに通っていた。東京NSCの10期生。
  • オオカミ少年:片岡正徳・・・1978年4月13日生まれ。構成作家としても活躍中。コンビは2003年に結成。東京NSCの9期生。

青山学院大学出身者~文化編

  • FISHBOY・・・ダンサーでコレオグラファー。1985年12月19日。青学は中等部から。兄はオリラジの中田敦彦。中学時代からストリートダンスを始める。大学時代には全国大学生大会でも優勝。
  • 秋山実:写真家・・・1930年生まれ。ミクロアートや偏光顕微鏡写真でも良く知られている写真家。全国のカレンダー展やポスター展など賞を数々受賞。
  • 堀内貴之:ラジオパーソナリティ・・・1971年生まれ。2004年にTOKYO FM 「SEVEN」でラジオパーソナリティデビュー。ラジオドラマ「NISSAN あ、安部礼司〜BEYOND THE AVERAGE」の企画・原案を手掛けて番組をヒット。現在はクリエイティブ・ディレクター。
  • 石田雄太:スポーツジャーナリスト・・・1964年生まれ。大学卒業後はNHKに入局。1992年にフリーに。単行本には、イチロー、桑田真澄、松阪などへ取材したルポタージュが多い。
  • 大内順子:ファッション評論家・・・1934年5月4日生まれ。在学中はモデルとして活躍。いつもつけている大きなサングラスは、交通事故で目を負傷したことから。世界各地のファッションコンクールの審査委員を歴任。
  • 唐沢俊一:カルト物件評論家、コラムニスト・・・1958年5月22日生まれ。サブカルチャーやカルトについて幅広い関心を持っている。日本オタク大賞などイベントでも審査員を務める。
  • 北原照久:おもちゃ鑑定士・・・1948年1月30日生まれ。世界的にブリキのおもちゃコレクターの一人者として知られている。「開運!なんでも鑑定団」には1回目より出演。
  • 越智暁:テレビプロデューサー・・・1966年生まれ。1989年に毎日放送入社。2000年から5年間、TBS「世界遺産」のディレクターを務めたほか、情報番組などのプロデューサーとしても活躍中。
  • 鬼沢慶一・・・1932年6月16日生まれ。芸能ジャーナリスト。青学卒業後はスポーツニッポン新聞社⇒報知新聞社。退社後、フリーの芸能評論家。「鬼の鬼澤」とも。
  • リチャード・コシミズ:ジャーナリスト・・・本名:輿水 正。1955年8月9日生まれ。”知性と正義感を唯一の武器とする非暴力ネット・ジャーナリスト”を自認している。創価学会や統一教会を、国家の敵とする論説も長年にわたり継続中。
  • ノゾエ征爾・・・1975年7月2日生まれ。劇作家・演出家。8歳までサンフランシスコ。中学からはサレジオ学院中・高等学校から青学へ。在学中に劇団「はえぎわ」を立ち上げ、全作品の作・演出を手がけている。
  • 源高志:放送作家・・・1948年生まれ。1980年代のヒット番組の「笑ってる場合ですよ」「カックラキン大放送」「うわさのチャンネル」「スター誕生」などを手がけた。妻は女優の佳那晃子。
  • 平田研也:脚本家・・・1972年7月4日生まれ。24歳のときに深夜ドラマで脚本家デビュー。2009年短編アニメーション「つみきのいえ」でアメリカアカデミー賞を受賞。
  • 武富健治:漫画家・・・1970年8月21日生まれ。劇画風タッチで、自称「文芸漫画家」とも。漫画アクション連載の「鈴木先生」で文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞受賞。
  • ツガノガク:漫画家・・・1978年生まれ。『月刊少年エース』で『涼宮ハルヒの憂鬱』を8年間連載。
  • 脇田和:洋画家・・・1908年6月7日生まれ。昭和期に活躍した洋画家、特徴は童話的で温かな印象を受ける作風。1964年に東京芸術大学助教授、1970年まで東京芸術大学で教授を務める。1998年に文化功労者受賞。 2005年11月27日に亡くなる。
  • 中屋敷法仁・・・1984年4月4日生まれ。演出家・脚本家。舞台装置ではなく、照明、衣装、音楽に徹底的にこだわりぬき、スタイリッシュな作品と言われている。
  • 十代目坂東三津五郎:歌舞伎役者・・・1956年1月23日生まれ。初婚は元タカラジェンヌの寿ひずるとの間に3児を授かるも離婚。近藤サトと再婚するも離婚。自他共に認める大の城郭建築好き。平成21年度紫綬褒章受章など、数々の受賞歴あり。
  • 五代目尾上菊之助・・・1977年8月1日生まれ。父は七代目尾上菊五郎、母は富司純子、姉は寺島しのぶ。歌舞伎以外にも蜷川舞台などにも積極的に出演。生後2ヶ月で母と一緒に徹子の部屋に出演。
  • 六代目三遊亭円楽:落語家・・・1950年2月8日生まれ。大喜利で着用している色紋付は薄紫色。在学中に5代目三遊亭圓楽の鞄持ちのアルバイトに志願してその後入門。
  • 三遊亭遊史郎:落語家・・・1967年12月16日生まれ。2005年5月に 真打に昇進。
  • 二代目桂枝太郎・・・1895年5月7日生まれ。青学に入学後明治薬科大学に入学させられ、当時としてはとても珍しいほど高学歴。1978年3月6日没。1977年に春の藍綬褒章を受章。
  • 六代目片岡市蔵・・・1958年12月12日生まれ。本名は片岡幸一。当たり役は、助六由縁江戸桜』の国侍利金太、『与話情浮名横櫛』の 蝙蝠安。
  • 淡路修三:囲碁棋士九段・・・1949年8月13日生まれ。接近戦が得意で、読みあいやねじりあいを信条とする戦闘的な棋風で「ロッキー」とも呼ばれている。

歌姫ステファニーと青学出身の著名人

歌姫ステファニーと青学出身の著名人